STDチェッカーでおなじみのSTD研究所がホームページで、梅毒特集を組んでいます。

■STD研究所 梅毒特集


今回はSTD研究所の梅毒特集をご紹介します。

あなたの検査キット選びにお役立て下さい。

 

◇梅毒感染者激増中!

つい先日も当サイトでは、

『梅毒検査キットの利用者急増! 』

という記事を載せました。

その記事にこんなグラフを作成して掲載しました。

梅毒推移
図1.梅毒感染者の推移

いかに梅毒感染者が増えているか、一目瞭然です。

平成28年(2016年)は実に42年ぶりに梅毒感染者が4,000人を超えました。

しかし・・・

今年、平成29年(2017年)はもしかすると更に梅毒感染者が増えるかも知れません。

というのも、国立感染症研究所が発表している速報値(週報)を見ると、新規梅毒感染者はこうなっているのです。

●平成29年 第5週(2月5日)までの累計 362人

●平成28年 第5週(2月7日)までの累計 308人

いかがですか?

42年ぶりに4,000人を超えたとニュースになった昨年をすでに20%近く上回るペースで感染者が増えています。

もしもこのままのペースが1年間続けば新規梅毒感染者は5,000人に届く勢いです。

まぁ、実際にそこまで増えるかどうか分かりませんが、いずれにしても梅毒感染者が増加している実態は間違いありません。

こうした梅毒感染者の増加を背景に、STD研究所でも梅毒の特集を組んだのだと思います。

 

◇STD研究所の梅毒特集

特集の記事は3本立てになっています。

1.感染経路は?

他の性感染症とは異なる梅毒の強い感染力の解説が載っています。

梅毒ならではの特異な感染経路に要注意です。

 

2.梅毒の症状は?

梅毒の症状は実は患者本人も気付かないことが多く、診察した医師もまた見逃すことがあります。

そしてそもそも梅毒に感染しても何も症状が出ない人もいるという説明があります。

 

3.ご存知ですか?

梅毒が激増している現状の説明があります。図1と似たグラフが出てきます。

梅毒について知りたいあなたはぜひこの梅毒特集をご覧ください。

■STD研究所 梅毒特集


 

◇もしもあなたに梅毒感染の不安があるなら

もしもあなたの身体に皮疹が出たり、性器に潰瘍などの異常が出てきたら迷わず病院へ行って下さい。

梅毒でなくとも何かの病気かも知れません。

しかし、何も症状はないけど、でも梅毒感染の行為には心当たりがある・・・

こんな場合はちょっと病院へは行きにくい、でも不安は消えない。

そこで便利なのが梅毒検査キットです。

検査キットで感染していないことが分れば安心できるし、陽性判定なら病院へ行く背中を押してくれます。

どちらにしても不安解消へつながります。

今回はSTD研究所の梅毒特集のご案内をしました。

最後にひとつ、大事なことをあなたにお伝えします。

梅毒は感染してから第一期、第二期までが最も感染力が強く、他の人にうつしやすい状態となります。

逆に感染後4年以上経過すると、感染力は消失していきます。

つまり、症状が出たり消えたりして感染に気付きにくい時期が最も感染力が強いのです。

「他の人にうつされない、他の人にうつさない。」

くれぐれもご用心下さい。

関連記事4

梅毒検査キットの利用者急増!

梅毒検査を含む検査キット

アイコンボタン怖いのは重複感染。感染ルートはみな共通です。
フッターバナー5

感染者が爆発的に増加しています!
 

タイプK

・梅毒

*検体:血液
(専用ツール付属)

¥3,000+消費税
(男女共用)
矢印STDチェッカー タイプK
一番人気!主要5項目を同時検査。
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから