あなたがクラミジアに感染したとき、まず感染ルートを考えるはず・・・

クラミジア検査を受けて、感染していることが分かったとき、

「あ~やっぱり・・・・だろうと思った・・・・」

とすぐに自分の感染ルートに心当たりがある人は問題ありません。反省するなり対策の打ちようがあります。

 

◇「私はなぜ感染したの?」

ところがいっこうに感染ルートに心当たりがない場合があります。なぜ自分がクラミジアに感染したのか、どこから感染したのかさっぱり分からないという場合です。

「性感染症なんだから性行為をした相手にうつされたに決まってる。」

あなたはそう思うかも知れませんね。確かにその通りです。でも、こんなケースはどうでしょう。

あなたはクラミジアに感染していることが分かりました。そしてあなたには特定のパートナーがいて、その相手以外には性行為をしていません。

この場合、あなたは当然相手を疑いますよね。何しろ他に性行為の相手がいないのですから当たり前と言えば当たり前です。

ところが、その相手が病院に行って検査を受けたら陰性で感染していなかったとしたらどうでしょう。

他には感染源が考えられないのに、あなたのパートナーは感染していなかったのです。

最初は相手の浮気を疑ったあなたでしたが、相手は感染していなかったので、今度は相手があなたの浮気を疑います。

でも、あなたは絶対に浮気なんかしていないし、他に性行為の相手なんていません。

「私はなぜ感染したのだろう・・・?」

相手には浮気を疑われるし、感染ルートはさっぱり分からないし、あなたはパニック状態になってしまいます。

クラミジア感染ルート

 

最も感染者が多い性感染症検査!
タイプPバナー5 ・クラミジア
・淋菌
・クラミジア(のど)
・淋菌(のど)
*男女共通

¥9,200+消費税
矢印タイプP 男性はこちら

矢印タイプP 女性はこちら

◇ネット上では珍しくもないケース

実はこのような不思議な感染事例はネットの相談サイトを見るとちっとも珍しくありません。

それこそいっぱい見つかります。Yahoo!の「知恵袋」、gooの「教えて」あたりをのぞいて見て下さい。

「私はなぜ感染したのでしょうか?」

といった質問が多数寄せられているのです。圧倒的に女性からの相談が多いです。

さて、こうした相談の回答は概ね次の4パターンに分かれます。

1.性行為以外の感染ルートがある可能性

クラミジアが性行為以外で感染したとする回答です。もしも性行為以外の感染ルートが存在すれば疑問は晴れます。

ネット上ではこんな感染ルートが書き込まれています。(回答者はほぼ皆さん素人さんです)

●ディープキスでも感染する

●お風呂でも感染する

●サウナ、岩盤浴でも感染する

●タオルや衣類からでも感染する

こうした感染ルートがあるとした回答が目立ちます。だからあなたのパートナーが感染していなくてもあなただけが感染することもあり得るのです、という結論ですね。

相談した人はこの回答を見て安心します。自分も相手も決して浮気をした訳じゃないと安心するのです。

でも、残念ながらクラミジアはキスでもお風呂でもタオルでも感染しません。

一方、膣トリコモナス症はお風呂で感染する可能性があります。病原菌であるトリコモナス原虫は非常に感染力が強く、50度で死ぬのですがお風呂はそんなに熱くありません。

それでごくまれですがお風呂で感染することがあります。

また、淋菌も性行為以外の感染ルートがあります。「性感染症対策マニュアル」(同文書院)によれば、

「小さな子供や、抵抗力の弱っている人は風呂場の床、便座、タオルなどからも感染する」

と書かれてあります。

それから梅毒やヘルペスは患部が口の中にあればキスでも感染することがあります。

しかし、繰り返しますがクラミジアは性行為以外の感染ルートはありません。

2.あなたのパートナーが過去に感染していた

膣トリコモナスや淋菌は性行為以外でも感染する可能性があるとしても、クラミジアは性行為の他に感染ルートがありません。

では、あなただけが感染してパートナーが感染していないとすると、いったいどんな感染ルートが考えられるのでしょうか。

これはあなたがが本当に浮気をしていなけば100%パートナーからうつされています。それ以外の感染ルートはあり得ません。残念ながらパートナーが浮気しているのです。

ではなぜパートナーは病院で検査を受けたら感染していなかったのでしょうか。それはあなたにナイショですでに治療を受けているからです。

クラミジアは1週間、2週間の飲み薬で治ります。

ただ、あなたが感染しているのですから、パートナーがいくら治療してもすぐにまたあなたから感染します。

従ってあなただけが感染して、パートナーが感染していないというのはよっぽどタイミングが合わないとあり得ません。

むろん、コンドームを使えば感染しません。

この手の回答でよく似ているものに、

「あなたのパートナーは別の病気で抗生物質を飲んで知らない間に治ってしまった」

とするものがあります。

つまりパートナーはクラミジア治療の目的で病院には行ってないけど、他の感染症治療で抗生物質を飲み、そのためにクラミジアが治ってしまったとするものです。

例えばクラミジアの治療に使われるクラビット錠は風邪のときにも処方されることがあります。

風邪を治すために飲んだ薬でクラミジアが治ってしまう可能性もあるという訳です。

また、同じくクラミジア治療薬としてポピュラーなジスロマックも咽頭炎、扁桃炎などの治療に使われることがあります。

でも、クラミジアの治療には最低でも1週間分の抗生物質を投与します。

普通の風邪で1週間も抗生物質を処方されることはめったにないと思うのですが。まぁ、可能性としてゼロではないと言うところでしょうか。

管理人追記:関連記事を追加しました。「歯の治療でクラミジアが治る?」

それからもう1つの可能性は、あなたのパートナーが受けた検査が偽陰性だった場合です。

病院で行う男性のクラミジア検査では尿を採取してPCR検査が普通です。

この尿採取ですが、2時間以上オシッコをしていない状態で、初尿を採取する必要があります。

そうしないと尿道にいるクラミジアがオシッコといっしょに出てしまって検査で見つからない可能性があるのです。

以上のように、あなたのパートナーは最近のクラミジア検査では陰性だったけど、実は過去に陽性の時期があり、その時にあなたがうつされたとする回答が登場しています。

これらのケースでは、クラミジア抗体検査をすればハッキリします。あなたのパートナーの過去にクラミジア感染があれば抗体検査では陽性になる可能性大です。

クラミジアは体内から駆除してもクラミジア抗体は残るからです。

もっとも、感染時期までは特定できないので、あなたと知り合う前だと言われてしまえばそれまでですが。

3.あなたのパートナーは咽頭感染だった

もう1つ考えられるケースとして、パートナーが性器感染ではなく、咽頭感染だった場合です。

クラミジア検査と言えばすぐに思いつくのは泌尿器科、婦人科ですが、咽頭検査まで必ず行うとは限りません。

尿や膣分泌物の検査から咽頭感染は見つかりません。陰性判定となります。

しかし近年クラミジアの咽頭感染者は増加しており、症状が出にくいことから本人も気づきません。

パートナーのクラミジア検査は性器だけでなく咽頭感染も調べる必要があります。

あなたがいくらクラミジアの治療をしても、パートナーが咽頭感染していればまた感染してしまいます。

4.実はあなたも感染していなかった

最後の回答は、実はあなたも感染していないという回答です。もしもあなたがクラミジア感染の検査で抗体検査を受けていれば、その可能性があります。

先ほども書きましたが、クラミジア抗体は一度でも過去に感染経験があるとずっと陽性のままになるからです。

今現在あなたがクラミジアに感染していなくても陽性判定が出ます。でも実際には感染していないのだからパートナーにうつるはずもありません。

実際に多くの保健所ではクラミジア検査に抗体検査をしているし、婦人科の先生の中には抗体検査をする先生がいるのです。

でも、今も書いた通り、クラミジアの抗体検査では現在感染しているかどうかは判定出来ません。

クラミジア抗体ではなく、クラミジアそのものを見つける検査をしないと感染の有無は判定出来ないのです。

それをクラミジア抗原検査と言います。一般にはPCR検査と呼ばれている核酸増幅検査がそれに該当します。

当サイトでご紹介しているクラミジア検査キットはこのPCR検査です。

あなたの血液を採取して検査したのならそれは抗体検査であり、膣分泌物を採取して検査したのならPCR検査です。

 

最も感染者が多い性感染症検査!
タイプPバナー5 ・クラミジア
・淋菌
・クラミジア(のど)
・淋菌(のど)
*男女共通

¥9,200+消費税
矢印タイプP 男性はこちら

矢印タイプP 女性はこちら

◇まとめ

お話が途中で広がって分かりにくくなってしまいました。ここでもう一度整理してまとめておきます。

あなたがクラミジア検査で陽性と判定され、あなたのパートナーも検査を受けたけど陰性だったら、あなたが感染した原因としては次のことが考えられます。

●クラミジアに関して言えば性行為感染以外の感染ルートはない。お風呂、タオル、キスなどでは感染しない。

●従ってあなたが感染してパートナー以外と性行為を持っていないのなら、100%パートナーから感染している。

●パートナーがあなたにナイショで治療を受けたか、他の病気で飲んだ抗生物質でクラミジアが治ってしまった。

●パートナーは本当は陽性なのに、偽陰性で陰性が出た。

●パートナーは性器感染ではなく、咽頭感染している。

●あなたが受けたクラミジア検査が抗体検査なら、そもそもあなたは(現在)感染していない可能性がある。

こうしたことが考えられます。

ただ、クラミジア関連サイトの中には、「原因不明の感染ルートもある」とする記述がたまにあります。

その真偽やそれがどういう意味を持つのか、私が調べた限りではまったく不明です。

なお、クラミジア感染症は感染しても女性の80%、男性の50%には自覚症状が出ないと言われています。

あなたが現在のパートナーと出会う前のお相手にうつされて、ずっと気が付かないまま感染していたという可能性がなきにしもあらずです。

ただ、この場合は現在のパートナーにうつしている可能性が高いはずです。あなただけが感染したまま何年も経過することは考えにくいですね。

クラミジアの感染確率は1回あたり30%と言われています。もっとも、コンドームなどで完璧に予防していればあり得るかも知れません。

いずれにしてもクラミジアは感染時期を特定するのが極めて難しいので、感染してから、いつ、どこで、誰から、と追及するのはあまり意味のないことかも知れません。

それより早く治療に専念して今後は感染しないように気を付けることが一番大事なことではないでしょうか。

そのためにもクラミジアは性器だけでなく、咽頭検査が必要です。

アイコンボタンご存知ですか?気付かず放置するのがどんなに危険か。
フッターバナー5

最も感染者が多い性感染症検査!
タイプPバナー5 ・クラミジア
・淋菌
・クラミジア(のど)
・淋菌(のど)
*男女共通

¥9,200+消費税
矢印タイプP 男性はこちら

矢印タイプP 女性はこちら
一番人気!主要5項目を同時検査。
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから
STDチェッカーは全26品種!
全26品種 11種類の性感染症に26種類の検査キットが用意されています。

あなたの不安に合わせて選らんで下さい。

矢印STDチェッカー 全リスト