先日、久々に郵送式の検査キットを使いました。

STDチェッカータイプOと言うキットです。

この検査キットではHIV・梅毒・B型肝炎の3つを同時検査出来ます。

私が一番恐れたのは梅毒感染でした。

油断大敵、と言う私の失敗談をあなたに話します。

【今回のテーマと目次】

●テーマ:梅毒とヘルペスが怖いわけ

1.私の失敗体験

2.梅毒とヘルペス

3.まとめ

1.私の失敗体験

まず、私が使った検査キットはこちらです。

■STDチェッカータイプO(男女共通)

販売元:STD研究所

価格:¥7,750+消費税

検査:HIV・梅毒・B型肝炎



と言う訳で、HIV、梅毒、B型肝炎の検査を受けました。

なぜ、このSTDチェッカータイプOを使ったのか?

それは梅毒感染が不安だったからです。

それで、梅毒と重複感染の多いHIVとB型肝炎も念のために同時検査しました。

つまり、梅毒検査がメインでこの検査キットを使ったのです。

実は今から3ヶ月ほど前、ある女性と性的関係を持ちました。

まぁ細かいいきさつは省きますが、私がかなり入れ込んでた相手です。

しかし・・・

実はその時、彼女の身体の小さな異変に私は気づいていました。

おへそから胸、首の付け根辺りまでずっと小さな斑点らしきものがポツリ、ポツリ。

それほど広い面積で発症してる訳ではないのですが、確かにそんな赤い斑点らしきものが見えました。

あれ?

ニキビかな?

うん?

一瞬そう思いました。

しかしですね・・・

私はその場で斑点かどうか、確かめることは出来ませんでした。

まず、そんなことしたらムードが台無し。

やっと結ばれるって時に、調べるなんて、まさか・・それはちょっと出来ませんでした。

それからお酒。酔っ払うほどじゃないですが、いくらか理性をアルコールが妨げたのは確かです。

そして部屋の中は薄暗かった。ハッキリとは見えなかったのです。

それは彼女が部屋を暗くして欲しいと言ったからです。

やはりベッドの上で、感情が高ぶっている時に冷静に、理性的に思考するのは難しいです。

 

しかし・・

後になって思い返すと気になって仕方ありません。

あれはもしや梅毒やヘルペスの皮膚疾患ではなかったか?

そんな不安が生まれてきたのです。

気が小さくて心配性の私はいったん気になり始めるともう、それで頭はいっぱいです。

でもまさか彼女に直接聞くわけにもいかず・・・

そしてあれから3ヶ月。

彼女とはあれきりです。

私はやっぱり気になって仕方ないのでSTDチェッカータイプOを使って検査したのです。

 

2.梅毒とヘルペス

もちろん、私はコンドームを使っていました。

勃起状態になった時点ですぐにコンドームを付けました。

しかし、もしも彼女が梅毒やヘルペスに感染していたら、コンドームだけで感染を防ぐことは出来ません。

彼女の性器以外の場所に患部があれば、そこから感染する可能性があります。

まさに、彼女のおへそから上にあった、あの斑点のようなものは・・・

梅毒とヘルペスの感染不安が消えないのです。

もし、私が梅毒に感染していたとしたら。

一般に梅毒は必ず症状が出るように思われていますが、実際はそうでもありません。

日本性感染症学会の治療ガイドラインによれば、新規梅毒感染者の凡そ1/3は無症候梅毒です。

3人に1人は自覚症状が出ないのです。

彼女と接触を持ってから3ヶ月ですが、私には何も症状が出ていません。

でも、だからといって私が梅毒に感染していないとは言えないのです。

梅毒検査だけなら、彼女と接触してから1ヶ月過ぎれば検査可能でした。

でもHIVも同時に検査したくて3ヶ月待ちました。

むろん、待ってる間に何か梅毒を思わせる症状が少しでも現れたら即行で病院へ行く積りでした。

一方、ヘルペスの方は完全に様子見です。

あの彼女のブツブツがヘルペスである可能性も考えられるのですが、でも検査のしようがありません。

ヘルペスはどこか私の身体に患部が発症して検体採取が出来ないと検査出来ないのです。

この点がどこに患部が発生しようと血液検査で感染が見つかる梅毒とは違う点です。

でも幸いなことに、今のところヘルペスを思わせる症状は全く出ていません。

だから私はヘルペス検査はスルーしました。症状が出てからの対処でいいと判断したのです。

 

3.まとめ

梅毒とヘルペスはコンドームだけでは完全に感染予防することは出来ません。

むろん、コンドーム無しよりはずっとリスクが減るのは言うまでもありませんが。

今回私が彼女のおへそから胸にかけての斑点みたいなものを不安に思ったのはある意味当然だと考えます。

それでも、あの時は完全に理性より性欲が勝っていました。

よっぽどそれと分かる斑点や潰瘍ならともかく、ニキビかな?程度ではとてもとても・・・

そこにお酒が加わり、部屋が薄暗いときては・・・

でも、考えて見ると私の過去はいつもこのパターンでした。

危ないかも、そう頭では分かっているのについつい。その場の欲望に負けて今夜だけなら、1回だけなら、そんな思いで突き進んでしまいました。

その結果、後から不安が生まれ悩むハメになります。

「コンドームだけしておけば安心。」

梅毒とヘルペスはこの考えだけでは予防出来ません。

あなたのお相手に異常が見つかれば、どうぞ途中後退も止む無しだと思って下さい。

でも、あなたが私と同じように理性が働かず、突撃してしまった場合にはどうか早めに検査を受けて下さい。

せめて後からでも理性を働かせてあなたの身の安全を図って下さい。

特に梅毒はここ数年、爆発的に感染者が増えています。

決して他人事、自分には関係ないと思わないでください。

そうそう、私の検査結果ですが、幸いなことに梅毒、HIV、B型肝炎、全て陰性でした。

■STDチェッカータイプO(男女共通)

販売元:STD研究所

価格:¥7,750+消費税

検査:HIV・梅毒・B型肝炎