検査キットはどんな人たちが使っているのでしょうか?

あなたと同じように感染不安に悩む人たちが大勢います。

ある調査によれば、HIV検査だけで年間に8万5千人もの人が検査キットを使っています。(当サイトのトップページ参照)

これはかなりすごい数字です。全国の保健所などで行っているHIV検査の年間件数が約13万件です。

無料・匿名でHIV検査ができるのに、それを利用する人は13万人で、お金を出して検査キットを使う人が8万人以上もいるのです。

HIV以外の性感染症も加えると確実にものすごい数になります。なぜ、そうまでして検査キットを使うのでしょうか?

そこにはお金には替えられない事情があるのです。

もし、あなたが今、ここにご紹介する人達と同じような悩みを抱えているなら、検査キットの選択肢も検討してみてください。

◇世間体が気になって保健所や病院に行けない

私が思うに、この世間体を気にする、という理由が最も多いのではないでしょうか。

私の知人にも世間体が気になってどうしても保健所に行けない女性がいました。

大都会の若い人たちだとあまり気にもしないでしょうが、地方都市だと世間が狭くて気になります。

ましてやある年齢以上に歳をとっていると、余計に他人の目が気になります。

そう、私自身も知人もそうでした。(ちなみに二人とも50代半ばです)

どこかで、「いい歳をして・・・」という、好奇の目で見られるのではないかと心配するのです。

また、私は泌尿器科にも行ったことがありますが、保険所同様に世間体が気になりました。

別に患者は性感染症と限った訳でもないのに、なぜか自分でかってに気にしてしまうのです。

保健所や病院で誰か知ってる人に会ったらどうしよう。ついにはそんなことまで考えてしまいます。

ちょっと内気で気弱な人たちは世間がとても気になるものです。

その点、検査キットなら世間体など何も気にせず検査をすることができます。

◇誰にも知られずに検査したい

世間体が気になるというより、家族や同居人に検査を知られたくない、という人もまた多くいます。

ご主人が奥さんにナイショで、またその逆もあるでしょう。

あるいは学生さんが親に知られずに検査をしたい場合もあるでしょう。検査を知られたくない事情は様々です。

「そうした事情はよくないこと、ちゃんと家族や同居者に話して堂々と検査を受けるべき。」

そう思うあなたもいるかも知れませんね。確かに正論です。

しかし、その正論通りに運べないから悩み、苦しみ、あげくの果てに検査先送りや放置したままの人がいるのです。

私はあなたに家族に隠れて検査することを積極的にお勧めするわけではありませんが、とにかく不安を抱えたまま放置するよりはずっといいと思います。

◇病院では恥ずかしい・怖い

「性感染症に感染するのは自業自得、患者の行いのせいである。」

こんな風に思っている病院の先生がいます。私は直接そう言われたことはありませんが、医療サイトで相談者に対して医師がそう書いているのを読んだことがあります。

また、多くの性感染症体験者のブログにもそんな医師が登場します。

私が思うに、医師の立場からすれば患者に加害者も被害者もない、同じ患者だと思うのです。

1980年代、日本に初めてエイズが入ってきたころ、血友病の治療でHIVに感染した患者は被害者で、性行為で感染した人は自業自得とされました。

まるでHIVに感染したのが罪悪であるかのごとく扱われたのです。

今でもその風潮が完全になくったとは言えないと思います。病院で医師による心ない言葉で傷つく患者がどれほど多くいることでしょうか。

HIVをはじめとする性感染症は、いつ、どこで、誰が感染してもおかしくありません。

私たちの日常生活の中に感染機会はごまんとあります。特別な病気ではありません。

確かに、性風俗通いを繰り返したり、見知らぬ相手、不特定多数の相手と性行為を繰り返して感染した人は自己責任であって、自業自得かも知れません。

それを医師が患者に忠告するのは当然です。しかし、まるで悪いことをした犯罪者扱いすることは問題だと思います。

一度でも医師にそんな扱いを受けると、病院に行くのが怖くなるかも知れません。

別の病院にも同じような医師がいるのではないかと思ったりします。まさにドクターハラスメントです。

あるいは、女性患者が男性医師に対して恥ずかしい思いをすることもあります。これは自然な感情です。

医師にすれば職業として毎日患者と接しているので、何も思わないでしょう。そうと分かっていても恥ずかしいものです。

男性である私でさえ、初めて泌尿器科でパンツを脱いだ時は恥ずかしかったのです。女性の場合にはもっと恥ずかしく思うでしょう。

こうした、ドクターハラスメントが怖い、診察が恥ずかしい、といった理由で病院での検査を避け、検査キットを利用する人もいます。

検査キットを使っても陽性だったら最後は病院に行くことになる。それは分かり切っています。

でも陰性なら行かずに済むし、行くにしても陽性だと分かっていれば覚悟が違います。

◇忙しくて時間がとれずに病院に行けない

仕事を休めない、抜けられない、そんな理由で保健所や病院に行けない人もいます。

でも、私が思うに本当にこの理由で行けない人はそんなに多くいないのではないでしょうか。

何事もそうですが、「忙しいから」という理由は優先順位の問題です。

忙しくて保健所には行けない人も、彼女、彼氏とデートする時間はあったりします。

それはどんなに忙しくてもデートの時間を何としても作り出す、確保するからです。

もし保健所に行くこと、病院に行くことがデートすることと同じくらい優先順位が高ければ必ず行きます。

行かないのは単に重要だと思っていないからに過ぎません。

同様に、保健所や病院が近くにないとか、どこがいい病院か知らないとか、こうした理由も優先度が低いからに過ぎません。

時間をかけること、手間をかけること、それは優先順位の問題なのです。

でも、性感染症の不安の度合は人それぞれです。

そんなに不安は持っていないけど念のために検査してみようかと思う程度の人から、間違いなく感染していると思い込んでいる人、色んな人がいます。

検査の優先順の低い人が検査キットを利用することで感染不安をクリアできるなら、それは十分意義のあることだと思います。

◇複数の検査をまとめて受けたい

性感染症は文字通り性行為によって感染します。したがって、どれか1つの性感染症が不安なら、その他の性感染症も感染の可能性が存在します。

そこでどうせ検査を受けるなら、複数の検査をまとめて受けてスッキリしたいと思う人がいても不思議ではありません。

しかし、現実に病院に行って4種類も5種類も検査を受けると時間も費用もばかになりません。

そこで時間(手間)とお金の節約のために検査キットを使う人が出てくるわけです。

例えば私が使ったSTD研究所の「STDチェッカー TypeR」という検査キットは、HIV・梅毒・クラミジア・淋菌・B型肝炎・C型肝炎・クラミジア(のど)・淋菌(のど)、8種類の検査がまとめて出来ました。

それで購入費は15,750円です。もしもこれだけの検査を病院で行えば、どんなに安い病院でも40,000円以上はかかります。

しかも、8種類の検査のために私が使った時間はたったの30分から40分くらいでした。

病院に行ってこれだけ検査を受ければ間違いなく半日仕事でしょう。検査キットは時間の節約にもなっているのです。

むろん、病院の検査と検査キットを全く同じ土俵では比べられないかも知れません。しかし、スクリーニング検査の位置づけで考えればどちらも同じです。

同時に受ける検査の数が多いほど、検査キットのメリットもまた大きく感じられるのではないでしょうか。

事実、STD研究所のラインナップでは、男女ともに最も検査数の多い検査キットが売れ筋の2位、3位に入っており、多くのユーザーに利用されています。

以上、検査キットを利用する人たちをご紹介してきました。まとめてみると、

●世間体が気になる人

●だれにも知られず検査したい人

●医師が怖い、恥ずかしい人

●忙しくて時間がない人(本当は検査の優先順位が低い人)

●複数の検査を、なるべく安く、時間をかけずに受けたい人

こうした人が検査キットを利用しています。もしもあなたにも似たような事情があるのなら、検査キットの利用も選択肢の1つとして考えてみませんか。

不安を抱えたまま放置するのが最も危険なことです。

■あなたの自宅で性感染症の検査が出来ます!

矢印男性が使用する検査キットはこちらから。

矢印女性が使用する検査キットはこちらから。