郵送式のクラミジア検査キットは沢山売られていますが、その検査方法は必ずしもみな同じではありません。

今回は非常に多くの人に使われているクラミジア検査キットを取り上げてみたいと思います。

 

◇郵送式の検査キットは「核酸増幅法」

まず、現在郵送式のクラミジア検査キットに採用されている検査方法は核酸増幅法と呼ばれているものです。これはどこも同じです。

核酸増幅法とは、検体に含まれるクラミジアの核酸(DNAまたはRNA)を人工的に増幅させて検査するものです。

クラミジア検査を受ける人の尿や膣分泌物に、例え微量でもクラミジアの核酸が含まれていると、それを何万倍もの量に増やして検査することが可能なのです。

それゆえ非常に信頼性の高い検査方法として検査キットはむろん、一般の病院でもクラミジア検査として広く使われています。

なお、核酸増幅検査はクラミジアのDNAやRNAを検査することから、クラミジアそのものの存在を調べることになり、抗原検査の一種と言えます。

これに対してクラミジア感染によって生成される抗体を検査する方法をクラミジア抗体検査と呼びます。保健所ではまだクラミジア抗体検査がかなり行われているようです。

当サイトでも説明してきましたが、クラミジアは一度感染すると完治してクラミジアが駆除された後も体内には抗体が残ったままになります。

従ってクラミジア抗体検査で陽性になっても過去の陽性か現在の陽性か区別が難しいのです。それで当然治療の確認に抗体検査は使えないし、用途が限定されています。

その点抗原検査である核酸増幅法では陽性判定なら現在クラミジアに感染していることが判明します。(まれに治療後の死骸に反応することはあります。)

核酸増幅法の詳細はこちら⇒『PCR法によるクラミジア検査』

 

◇核酸増幅法にも3種類アリ!

さて、先ほども説明したように郵送式のクラミジア検査キットでは核酸増幅法が使われています。しかし、同じ核酸増幅法でも実は更に何種類かに分かれています。

その主なものは、PCR法、SDA法、TMA法の3種類です。

では、以下3つの検査方法を簡単に説明します。

●PCR法

PCR=Polymer Chain Reaction

クラミジアのDNAの一部を増幅し、DNAプローブ添加により吸光度によって判定する。

 

●SDA法

SDA=Strand Displacement Amplification

クラミジアのDNAの一部を増幅し、フルオレセイン標識プローブ添加により蛍光スコアで判定。

 

●TMA法

TMA=Transcription Mediated Amplification

クラミジアのrRNA(ribosomal RNA)を増幅し、標識プローブ添加により発光強度で判定する。

ちょっと説明が難しいのですが、要するに検査の対象とする核酸がDNAかRNAか、あるいは判定方法がどうかで分かれているのです。

もともと最初に開発された核酸増幅法はPCR法であり、その後開発されたのがSDA法でありTMA法です。

 

◇郵送式のクラミジア検査キットでは、どの方法?

では代表的なクラミジア検査キットについて、どの核酸増幅法が使われているか私の調べた結果をご覧頂きましょう。

販売会社 検査方法
STD研究所 PCR法
GME医学検査研究所 PCR法
さくら検査研究所 PCR法

(性器検査)

SDA法

(咽頭検査)

予防医学研究所  SDA法 
ふじメディカル SDA法
ヒューマンサポート PCR法かSDA法

(併記されている)

セルメスタ SDA法

以上のような調査結果となりました。

7社中、PCR法が2社、SDA法が3社、併用が1社、PCR法かSDA法かはっきり分からないが1社でした。

『性感染症 STD』(南山堂)によれば、PCR法より後に開発されたSDA法、TMA法の方が信頼性が高いと言われているそうですが、尿道炎検査などの信頼性は3つとも同等と評価されているそうです。

 

◇まとめ

郵送式のクラミジア検査キットには核酸増幅法という検査方法が使われています。

これはクラミジアの核酸(DNA、RNA)を人工的に何万倍にも増幅して調べるもので非常に信頼性の高い検査方法です。

核酸増幅法にはPCR法、SDA法、TMA法などがあり、クラミジア検査キットではPCR法とSDA法が使われています。

この3種類の検査方法は同等の信頼性と評価されています。

まぁ、実際にクラミジア検査キットを使用する私たちの立場からすればPCR法だろうとSDA法だろうと関係ない訳で、要は確実にクラミジアを検出してくれればいいわけです。

あなたに知って欲しいのはPCR法かSDA法かといった細かい話ではなく、郵送式のクラミジア検査は核酸増幅法という信頼性の高い抗原検査が使われているということです。

以上、今回は「クラミジア郵送検査は病院と同じような信頼性の高い検査方法を採用している。」ことをお伝えしました。

アイコンボタンクラミジアは不妊症の原因になることもあります。

フッターバナー5

最も感染者が多い性感染症検査!
タイプPバナー5 ・クラミジア
・淋菌
・クラミジア(のど)
・淋菌(のど)
*男女共通

¥9,200+消費税
矢印タイプP 男性はこちら

矢印タイプP 女性はこちら
一番人気!主要5項目を同時検査。
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから
STDチェッカーは全26品種!
全26品種 11種類の性感染症に26種類の検査キットが用意されています。

あなたの不安に合わせて選らんで下さい。

矢印STDチェッカー 全リスト