検査キットを使えば保健所や病院に行かなくてもあなたの自宅で性感染症(性病)の検査ができます。

正確に言えば、自宅でなくても利用することは可能です。誰にも知られずナイショで検査したいあなたに最適です。

あなたが性感染症の不安を持っているとき、どこで検査を受けるか?ハッキリ言って、保健所で無料・匿名が一番お勧めです。

HIV検査なら全国どこの保健所でも検査してくれます。あと、クラミジア、淋菌、梅毒、B型肝炎なども無料・匿名で検査してくれる保健所があります。

あなたの最寄の保健所に電話して確認するか、ネットで確認することも可能です。

でも、便利な保健所もこんなあなたにはちょっと困りますよね。

●保健所には行きたくない。世間体が気になる、知ってる人に会うのが嫌だ。(私のような地方都市ではよくあるパターン)

●HIV以外の性感染症の検査を受けたいけど、保健所では検査していない。

●平日の昼間しかやっていない保健所なので、仕事を休めない。

保健所は無料匿名だからあまり文句も言えないのですが、必ずしも利便性が高いとは言えません。

では、病院に行きますか?保健所がダメなら仕方ないですね。

お金は使いますが、健康には替えられないので仕方ありません。でも、病院もこんなあなたにはちょっと困りますよね。

●病院は匿名では検査を受けられないのが嫌だ。誰にも知られたくない。

●ドクハラが怖い。恥ずかしい。

●どこの病院がいいのか分からない。誰かに聞くのも気が進まない。

まぁ、あなたに自覚症状が出ていて、どこかが痛いとか、かゆいとか、そんな場合は病院へ行って診察してもらうしかありません。選択の余地なしです。

でも、あなたに自覚症状はないけど、どうも性感染症の感染不安があって検査したいと思うなら、検査キットを使うこともできます。

検査キットの最大のメリット、特徴はこの2つです。

●その1 優れた匿名性
検査キットにもよりますが、いくつかの検査キットでは、あなたの検査結果を知っているのは世界中であなただけです。

検査キットの受け取りも自宅以外にコンビニや郵便局で受け取ることが出来ます。

 

●その2 優れた利便性
何しろあなたの都合のいいときに利用できます。夜中でも日曜日でも関係ありません。

会社を休まなくていいし、遠くまで行く必要もありません。

そんな検査キットの大まかな利用方法、流を説明しましょう。下の図を見てください。

①まず、あなたが申し込んだ検査キットが届きます。受け取りは自宅でもいいし、コンビニや郵便局で受け取ることも出来ます。

②あなたが申し込んだ検査に従って検体を採取します。大体は血液・尿・膣分泌物・のどぬぐい液などを検体とします。

どれも簡単にあなたが自分で採取できるものばかりです。検体はメーカーへ送り返します。

③あなたの検査結果を見ます。たいていはウェブ上で、あなただけのパスワードで見ることができます。

この場合、あなたの検査結果を知っているのは世界中であなただけです。


では、検査キットのデメリットも2点上げておきます。いいことばかりではありませんので、ご注意ください。

●検査キット販売会社から医療サポートを受けることは出来ません。
検査キットについて分からないことがあれば親切に教えてくれますが、電話やメールなどを使った医療サポートはできません。

ここが保健所や病院に比べて最大のマイナス面です。むろん、検査結果が陽性でも治療はしてくれません。

 

●検査キットの使用はあなたの自己責任です。
それだけに、安心、信頼できる会社の検査キットを選ぶ必要があります。中には絶対にお勧めできない製品もあります。

このサイトをぜひ有効活用してください。

恐らく、あなたが一番心配している検査キットのマイナス面は検査の精度、信頼性だと思います。

私が調べた限りでは、多くの検査キットが保健所や病院並みの品質を持っています。

ただ、性感染症は1つの検査だけで確定させるのが難しい場合があります。

病院では医師が直接診察をしながら複数の検査を経て最終判断することも珍しくありません。

検査キットではそうした高度な検査は無理です。

あくまでもスクリーニング検査であって、検査キットで100%カバーできるとは言えません。

検査キットの結果を見て、更に医療機関での検査を受けることもあるでしょう。


以上が大まかな利用の流れです。むろん、検査キット販売会社によっては多少異なる場合があります。

それはまた別途会社別に詳しくご紹介したいと思います。

■あなたの自宅で性感染症の検査が出来ます!

矢印男性が使用する検査キットはこちらから。

矢印女性が使用する検査キットはこちらから。