あなたに淋菌・クラミジア感染の不安があって検査を受けるなら、ぜひこの記事を読んでから受けて下さい。

日本性感染症学会が発行している「性感染症 診断・治療ガイドライン」からの情報です。ぜひあなたの性感染症検査にお役立て下さい。

◇淋菌、クラミジア感染の実態とは?

何しろクラミジアは性感染症の中で最も感染者が多く、無症候患者も含めて国内に100万人以上いると言われています。

また、淋菌感染症はクラミジアに次いで感染者が多いと言われています。

クラミジア感染症も淋菌感染症も医療機関で感染者が見つかっても全数報告の義務がないため、正確な感染者は不明です。

しかし、感染者が多いことは間違いありません。

従って、あなたや私がクラミジア感染、淋菌感染の不安を感じて検査を受ける機会があっても不思議ではありません。

私自身は過去に2回、検査を受けています。幸いにも2回とも陰性でした。

そして私は2回とも、性器感染、咽頭感染の両方の検査を受けています。

今回記事にしたいのは、クラミジアと淋菌に関してはぜひこの2種類の検査を同時に受けて欲しいというお願いです。

と言うか、性器感染と咽頭感染の両方を検査しないと安心出来ないのです。

なぜだと思います?決して根拠なしに申し上げているのではありません。

日本性感染症学会が発行している「性感染症 診断・治療ガイドライン」の2011年版にこんな調査結果が載っていました。

2005年から2009にかけて、男女合計854人に対してクラミジア感染と淋菌感染の検査を行っています。

どういった人達が対象かと言えば、自ら性感染症検査を希望した人、性風俗従業女性です。男性が338人、女性が519人でした。

その検査結果が下の表です。

  クラミジア感染症 淋菌感染症
  女性 男性 女性 男性
性器
感染
26%
25%
8%
32%
咽頭
感染
11%
3%
16%
16%

表1.検査結果

いかがでしょう、この検査結果。確かに検査を受けた人が性風俗の従業者だったり、自分で検査を希望した人ですから、不特定多数を対象にした検査よりは感染率が高いだろうことは予想出来ます。

しかし、それにしても感染率は高いですね。ここで注目すべきは咽頭感染です。

この表を見ると女性の咽頭から男性の性器へ感染しているだろうことが推測されます。

そう、オーラルセックスによる感染です。例え挿入行為がなくても感染する可能性が高いことが分かります。

しかも咽頭感染は性器感染よりも症状が出にくく、かつ治療が長引くことがあります。本当にたちが悪いですね。

くれぐれもご用心下さい。

また、同ガイドラインによれば、淋菌感染症患者の20%~30%はクラミジアにも感染しているというデータがあり、同時に淋菌が性器に感染している患者の10%~30%は咽頭にも感染しているというデータもあるそうです。

これは淋菌だけでなくクラミジアにも同様のことが言えます。

◇よって淋菌、クラミジアを検査するなら・・・

以上のデータから言えることは、あなたが淋菌やクラミジアの検査を受けるなら、

●クラミジアと淋菌を同時に検査する。

●性器感染と咽頭感染の両方を同時に検査する。

つまり、

●クラミジア性器、クラミジア咽頭、淋菌性器、淋菌咽頭

この4つの検査をまとめて受けないと安心出来ない訳です。どれか1つが不安なら残り3つも感染の可能性があり、同時に検査しない限り安心出来ません。

これ、全部を同じ病院で検査出来ればいいのですがけっこう厄介かも知れません。

と言うのも、クラミジアと淋菌の同時検査はどこでも可能でしょうが、性器検査と咽頭検査は同時に出来ない病院があるからです。

例えば、耳鼻咽喉科では咽頭検査は出来るけど性器検査は出来ない、その逆に泌尿器科や婦人科では性器検査は出来るけど咽頭検査が出来ない、と言うケースがあります。

事前に電話で病院に確認してから行かないと骨折り損になってしまう可能性ありです。

ところが、自宅で使える郵送式の検査キットの中にとても優れものがあります。さっきあげた4つの検査がまとめて出来る検査キットがあるのです。

それがこちら、STDチェッカー タイプPです。

最も感染者が多い性感染症検査!
タイプPバナー5 ・クラミジア
・淋菌
・クラミジア(のど)
・淋菌(のど)
*男女共通

¥9,200+消費税
矢印タイプP 男性はこちら

矢印タイプP 女性はこちら

STDチェッカーによる咽頭検査は昨年検査精度アップの改良がされており、当サイトでも記事にしています。詳しくはこちらをご覧下さい。私も使ってみました。

■『咽頭感染検査キットを改良』

更にHIVや梅毒などの性感染症も不安なら、こんな検査キットもあります。

それがこのSTDチェッカー タイプRです。

主要7項目検査でまずは一安心!
タイプRバナー ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・クラミジア(のど)
・淋菌(のど)

¥14,750+消費税
矢印タイプR 男性はこちらから

矢印タイプR 女性はこちらから

STDチェッカー タイプRは私が使った体験記もありますのでどうぞご覧下さい。

■『8種類の性感染症検査キット体験記』

今回はクラミジアと淋菌、性器感染と咽頭感染、それぞれに重複感染が非常に多いと言うデータをご紹介しました。

もしもあなたが検査を受けるなら、ぜひ重複感染していないか、同時に検査して下さい。