あなたがHIV検査、または梅毒検査、あるいはその両方を検査キットを使って検査しようと考えているなら、ぜひこの記事を読んで下さい。

私があなたにお伝えしたいのは、

『HIV検査キットと梅毒検査キットは絶対のお奨めがある!』

と言うことです。

今からあなたに説明することを知って買うのと、知らずに買うのは大違いです。

この記事をあなたの検査キット選びにお役立て下さい。

【今回のテーマと目次】

●テーマ:HIV検査キットと梅藤検査キットの選び方

1.そもそも検査キットに差があるのか?

2.HIV検査キットならSTDチェッカー

3.梅毒検査キットならGME検査キット

1.そもそも検査キットに差があるのか?

現在、国内には郵送式検査キットの販売会社は10社ほどあります。

そしてどの検査キット販売会社でもHIV検査と梅毒検査は必ず商品化しています。この2つの性感染症については単独での検査キットはむろん、HIVと梅毒をセットにした検査キットも用意されています。

何しろ性感染症の中で命に係わる病気を挙げるとすれば、一番にHIV感染症、二番に梅毒でしょう。断然怖い病気です。

それゆえHIV検査キットも梅毒検査キットも利用者はとても多いのです。

さて、それではこの需要の高いHIV検査キットと梅毒検査キット、どこの会社から購入しても同じでしょうか。単に価格が違う程度の差しかないでしょうか。

いいえ、実は価格だけの差ではありません。仕様に大きな差があるのです。

でも、その仕様の差は販売サイトをちょっと見たくらいでは分かりません。ほとんどの人は仕様に差があることを知らずに検査キットを選択して購入しているのではないでしょうか。

ズバリ、HIV検査キットを買うなら何といってもSTDチェッカーがお奨め、梅毒検査キットを買うならGME検査キットがお奨めです。

では、私がそれぞれをお奨めする理由を説明致しましょう。

 

2.HIV検査キットならSTDチェッカーを

まず、HIV検査キットにおいてなぜ私があなたにSTDチェッカーをお奨めするのか?

ズバリ、それはSTDチェッカーが第四世代のHIV抗原抗体検査を採用しているからです。CLEIA法と言う、保健所や病院などでも使われている検査方法です。

STDチェッカーも以前は他社のHIV検査キット同様、第三世代のHIV抗体検査を採用していました。

では第四世代のHIV抗原抗体検査にはどんなメリットがあるのでしょうか。

私たちがHIVに感染するとHIV抗体よりもHIV抗原の方が先に現れます。従ってあなたがHIVに感染してから3ヶ月経過する前にHIV検査を受けるなら第四世代のHIV抗原抗体検査の方が信頼性はより高くなります。

HIV抗体で陽性にならなくてもHIV抗原で陽性になる可能性があるからです。

一部の保健所ではHIV検査のタイミングを感染の可能性から2ヶ月としています。以前はどこの保健所でも3ヶ月でした。

これも保健所に第四世代のHIV抗原抗体検査が導入されたからです。

従って、あなたがHIV検査キットを選ぶなら断然、STDチェッカーをお奨めします。

ただし、STDチェッカーのホームページでは、感染の可能性から3ヶ月経過して使って下さいと案内されています。決して2ヶ月過ぎたら使って下さいとは書かれていません。

これは安全のために余裕を見ていること、抗原検査ではHIV-2の検査が出来ないこと、この2つが理由だと思われます。

第四世代のHIV抗原抗体検査を導入しながら、3ヶ月経過してから検査を受けて下さいとする保健所がまだまだ多数なのも同じ理由です。

従ってSTDチェッカーであっても基本は感染の可能性から3ヶ月過ぎての使用です。

でも、あなたが色んな事情からどうしても3ヶ月待てない、再検査を前提に今すぐ検査を受けたい、そんな場合もあるでしょう。

その時には先ほども書きましたが第四世代のHIV抗原抗体検査の方が信頼性が高くなります。これがSTDチェッカーをお奨めする理由です。

■HIV検査キット STDチェッカータイプJ



販売元:STD研究所

検査項目:HIV(第四世代 HIV抗原抗体検査)

価格:¥4,600+消費税

 

3.梅毒検査キットなら予防会検査キットを

では次に梅毒検査キットならGME検査キットをお奨めする理由を説明します。

その理由とは、GME医学検査研究所の検査キットだけがTP抗原法とSTS法の2種類を併用しているからです。他社の検査キットはTP抗原検査のみがほとんどです。

これで何が違うかと言えば、GME検査キットなら偽陽性を防ぐことが出来ます。これがGMEをあなたにお奨めする理由です。

もう少し詳しく説明しましょう。

梅毒検査は血液を採取して梅毒抗体を調べます。とろが私たちが一度でも梅毒に感染すると梅毒抗体は残ったままになります。梅毒が除去されて完治しても、抗体は残っているのです。

そのため、もしもあなたが過去に梅毒に感染した病歴があると、今現在は感染していなくてもTP抗原法で検査すると陽性になってしまいます。

これ、困りますよね。梅毒には感染していないのに陽性だからと病院へ行くハメになったら大変です。

そのため、例えばSTDチェッカーでは

「過去に梅毒感染の病歴がある人には使えません」

とホームページ上にはっきり明記されています。

ところが、GME医学検査研究所の梅毒検査キットだけはTP抗原法とSTS法を二つ組み合わせた検査によって、過去の陽性か現在の陽性か分かるのです。

つまり、あなたの過去に梅毒感染の病歴があっても、GME検査キットなら現在感染しているかどうか検査が可能なのです。

詳しくは当サイトで過去記事があります。

梅毒検査キットはGMEが絶対おススメ!

■梅毒検査キット



販売元:GME医学検査研究所

検査項目:梅毒(TP抗原法+STS法)

価格:¥4,420(税込み)

 

以上、今回は郵送式検査キットの中でも特に需要の高いHIV検査キットと梅毒検査キットのお奨め商品をあなたにご紹介しました。

なお、こちらに私が実際に使用した体験記もあります。

『郵送式検査キット使用体験記』

STDキットフッター1

STDキットフッター2