検査キット選びは信頼性が最も大事。

これは当サイトでも繰り返し強調してきました。

そして私自身も2009年末から検査キットを使い始めたのですが、常に信頼性を重視して選んで来ました。

結果的に、2009年以来、ほとんどSTDチェッカーを使うことになりました。私には最も信頼できる検査キットだと思うからです。

今回の記事もまた、STDチェッカーの信頼性を裏付ける根拠の1つだと思います。ぜひあなたにもお伝えしたいと思いました。

 

◇STD研究所が医師評価ナンバーワンに選ばれました!

言うまでもなく、STDチェッカーを販売しているのはSTD研究所です。STD研究所のホームページには性感染症に関する有益な情報が満載です。

郵送式の検査キットを販売している企業のホームページなのに、検査キット以外の情報がとても多いのです。病気そのものの情報から、予防法や、病院で検査や治療を受けるための情報まで満載です。

 

他社が、「こんな症状が出ている時は、こんな検査キットをどうぞ」と宣伝しているところ、STD研究所では「症状が出たら検査キットを使わず病院へ行って下さい」と、あくまでユーザーの健康第一です。

当たり前と言えば当たり前かも知れませんが、他社のホームページと比較するとやはり信頼度が違います。

 

さて、そんなSTD研究所ですが、実はドクターズレビューと言う、医師がサイトをの記事を評価してランキング付すると言うサイトで、見事ヘルペス部門で1位になりました。

実は1位になったのは昨年らしいのですが、私が気付いたのはつい最近です。STD研究所のホームページを見ていたら、こんなアイコンを見つけました。

 

ヘルペス1位

 

「医師評価1位を獲得しました」とあります。さっそく、このアイコンをクリックしてみると、こんなサイトが出てきました。

 

●ドクターズレビュー

ドクターズレビュー

 

このドクターズレビューは56種類の疾患について、ネット検索で上位に表示されるサイトをプロの医師が評価するものです。

評価基準は後ほど説明しますが、56種類の中にヘルペスも含まれており、STD研究所が最も高い評価を受け、1位となりました。下図をご覧下さい。

 

STD研究所1位

 

上の図には出ていませんが、同点3位には国立感染症研究所がランクインしています。STD研究所は国立感染症研究所よりも上位、第1位だったわけです。

 

◇評価基準とは?

では、ドクターズレビューの評価基準とはどんなものでしょうか。STD研究所の記事のどんな点が評価されたのでしょうか。

同サイトの評価基準説明には、以下のように書かれています。

 

●信頼できる情報もしくは情報源が記載されている

●内容が一般の方にとってわかりやすい

●医学的に重要な間違いが記載されておらず、学会のガイドラインに沿っている

●情報量が豊富である

●特定の医療機関、またはサプリメントなどの広告誘導を目的としていない

 

こうした項目について、プロの専門医が評価するのです。その結果、ヘルペス部門ではSTD研究所が第1位になったのです。

確かに専門情報は国立感染症研究所の方が断然多いと思いますが、その多くは私たち素人には理解出来ません。その点、STD研究所の記事は私たちにもとても分かり易く書かれています。

そこが高評価の理由の1つだと思います。いかにユーザー目線で記事が書かれているか、と言うことです。

同サイトには評価した医師のコメントが載っているので、それも読んでみて下さい。

 

◇まとめ

今回はヘルペス部門で第1位でした。では、HIV/エイズでは?梅毒やクラミジアでは?

あなたは当然、そう思いますよね。私もそう思ってさっそく探してみました。しかし、残念ながら56種類の疾患にそうした性感染症は含まれていませんでした。

 

しかし、STD研究所のホームページをお読み頂ければわかりますが、他の性感染症の記事もヘルペスと同じスタイルで書かれています。実に豊富でかつ有益な情報が満載されています。

2018年4月にホームページがリニューアルされて、いっそう内容が充実し私たちユーザーが欲しい情報がより正確に、詳しく分かるようになりました。

 

もしも、ドクターズレビューでHIVや梅毒が評価対象になっていたら、ヘルペス同様、STD研究所がきっと上位にランクインしていたのではないかと思います。

 

プロの医師から見ても高い評価のSTD研究所、そんな会社が販売しているSTDチェッカーです。ランキング1位は信頼出来る根拠の1つだと思う訳です。

 

STDキットフッター1

STDキットフッター2

アイコンボタンご存知ですか?気付かず放置するのがどんなに危険か。

アイコンボタン怖いのは重複感染。感染ルートはみな共通です。
フッターバナー5

最も感染者が多い性感染症検査!
タイプPバナー5 ・クラミジア
・淋菌
・クラミジア(のど)
・淋菌(のど)
*男女共通

¥9,200+消費税
矢印タイプP 男性はこちら

矢印タイプP 女性はこちら
一番人気!主要5項目を同時検査。
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちら

矢印タイプE 女性はこちら
STDチェッカーは全26品種!
全26品種 11種類の性感染症に26種類の検査キットが用意されています。

あなたの不安に合わせて選らんで下さい。

矢印STDチェッカー 全リスト